logo
 
home
carbon_circulating_agriculture
biofuel
emissions
business
contact
organic

排出権取引

  排出権取引とは、温室効果ガスの排出低減による地球温暖化防止を目指し、国家連合体や各国政府の主導で実施される制度で、EU域内排出権取引制度(European Union Emission Trading Scheme, EU ETS)が有名です。 簡単に言うと、目標以上の温室効果ガスの削減に成功したり、目標数値に足りなかった場合、目標超過分や不足分を排出権として市場で取引する、というものです。 factory
  排出権取引には、「キャップ・アンド・トレード」(温室効果ガスの総排出量をあらかじめ設定したうえで、個々の主体(国や企業)に排出枠を配分し、それぞれ割り当てられた排出枠の一部を取引するもの)と、「ベースライン・アンド・クレジット」(あるプロジェクトが実施された場合、それらが実施されなかった場合に排出されたと予想される量(=ベースライン)と比べて、削減された分の排出削減量をクレジットとして認定し、取引するという方法)の二つがあります。我々はこのうち「ベースライン・アンド・クレジット」に従い、炭素循環農法を京都議定書 の「クリーン開発メカニズム」または 「共同実施」として行うことでこのクレジットを獲得、排出権取引に参入することを目指します。これにより、実際に作物を販売するという手段以外での収入が見込め、事業の安定と拡大が図れます。
  すなわち、炭素循環農法は環境保全だけでなく、持続可能な産業の発展にも寄与できるのです。
 
炭素循環農法への投資に興味があれば、今すぐご連絡を!

Copyright (C) 2008 Cool down the Earth. All Rights Reserved.